未分類

にきび跡クレーターの予防について

肌ににきび跡クレーターをつくらないために大事なことは、にきびをつくらないことです。

 

肌の健康な状態を維持するためにも、毎日のスキンケアで肌を清潔に保ち、保湿をしっかりすることがおすすめです。

 

便秘がちな体質はにきびを悪化させますので、便秘解消もにきび跡クレーターの予防になります。

 

にきび対策として、生活習慣を改善し、体にプラスになる食事をすることも効果的です。

 

もしもにきびができてしまったら、にきび跡がクレーターにならないように早い段階でケアをします。症状が軽いうちににきびの治療ができれば、にきび跡も残らず、クレーターにもなりません。

 

何がにきびの要因かというと、アクネ菌という皮膚の常在菌です。

 

家で自分でお手入れする場合には、にきびケア用品の中でもアクネ菌を殺菌するものを使いましょう。

 

にきび跡クレーターをつくらないために大切なことは、にきびを絶対に化膿させないことなのです。にきびケア用のスキンケア用品が販売されていますので使うといいでしょう。

 

皮膚科でにきびの治療を症状の程度によっては、してもらったほうが良いでしょう。

 

ぬり薬や、飲み薬でにきび治療に有効なものを処方してもらいましょう。

 

にきびができても、手で無闇に触ったり、潰して膿を出そうとはしないようにしましょう。

 

にきびを潰すことで皮膚が損傷を受け、にきびが余計に悪化しにきび跡やクレーターができてしまうでしょう。

-未分類