未分類

にきび跡クレーターの治療法

さらににきびの症状が悪くなると、クレーター状のにきび跡となってしまう場合があります。

 

皮膚の真皮細胞までがダメージを受けることが、にきびが化膿し、炎症を起こすことであるようです。にきびが直っても、傷付いた真皮細胞は回復しません。

 

お肌がデコボコになり、これが深刻なコンプレックスになる人もいます。

 

にきび跡のクレーターを治療する方法は、今まではなかったといいます。

 

しかし、最新の治療法を利用することで、重症のにきび跡クレーターでも、目立たない程度には改善することが可能です。

 

にきび跡がクレーター状になっても諦めず、まずは皮膚科で診断をしてもらいましょう。

 

お肌の状態やクレーターの大きさ、陥没の深さによって、ぴったりの治療法は変わってくるようです。

 

ケミカルピーリングが、それほどひどくない場合の、皮膚科で行われているにきび跡のクレーター治療の方法です。フルーツ酸などで、化学的に肌の表面を削り、代謝を促す方法です。

 

レーザーを照射してにきび跡クレーターを治療するのは、にきびの症状が重い場合です。

 

レーザーの刺激で細胞の再生を促し、古い皮膚と新しい皮膚とを交替させることによって、にきび跡のクレーターを目立たなくします。

 

にきび跡クレーターの治療は、どうしても治療費が高くなりがちですが、確かな効果が期待できると言われています。

-未分類